掃除と防犯と俺物語

掃除と防犯とプライベートの日記

想い

自分の家の昔話

今住んでる家は生まれと時から住んでる家。
ただ、親父が丁度今の自分の年の頃建て直した家です。

自分が高校3年生の時に建て直したので、もう時期30年か~。
建て直す前の家は2階建の木造。

区画整理や建て直す時の建ぺい率や容積率とか関係なく、今の駐車スペースまで
建物が建っていた。

友達からは、「お前の家は屋敷みたいだな~」なんて言われて。
1階はプラスチック工場。

祖父が社長として経営していた。
職人のおじさんも一緒に住んでいた時代。

幼稚園や保育園にも通わなかった生活。
僕の団体生活は小学校から始まりました。

オヤジの運転するトラックの助手席に乗り、配達に付き合う日々。
取引先の人達に、マスコットの様に可愛がられた事も懐かしい。



小学校の高学年の年明け、父と母と祖父の深刻な顔。
売り掛け先が倒産して当時の入金分が入らず工場をたたむ事になった。

今でも祖父、父、母の涙が目に浮かびます。
その後、工場の敷地を改装してお好み焼き屋を始めた。

お店は母に任せ、オヤジは外で土木を始めた。
本当に苦しかった時代だったと今でも母は語る。

それでも希望があったと言う。
僕らが学生だったから。



それから5~6年して家を建て直したオヤジは、やはり立派だったと思う。
自分は今どの位置にいるのだろうか?

建て直し完成の期間まで約1年。
葛飾区の高砂の賃貸にその期間住んでいた。

高砂に引っ越す時の事。
今まで我が家として住んでいた家の引越しは家族総出で。

引越し業者なんて頼んでいない。
皆で力を合わせて汗だくになりながら・・・

今でもあの引越しの日を思い出す。
生まれ育った思い出の家。

安らぎのはずだったあの家を、皆が土足。
全ての荷物を積み込んで出発したトラック。

真っ暗な家がポツリと。
強く寂しく感じたのを覚えている。

最近、仕事に対して、また1から考える事があります。
例えば引越し前後の入退去時。

お客さんがどんな気持ちで退去したのか。
どんな希望を持って新生活をスタートしたのか。

色んな思い出が詰まった住まい。
結婚して、子供が生まれて、子供が増えて・・・

仕事をコツコツ頑張ってやっと手に入れたマイホーム。
気持ち良く新生活をスタートさせたい。

今の自分がどんな仕事をしたいのか?
一番したい事はなんなのか?

あの仕事が儲かるんじゃないか?この仕事が面白いんじゃないか?
そうじゃなく、自分がどんな仕事がしたいのか。

値段で仕事のレベルを変えたくない。
質を落としたくない。

昔の家を思い出し、ふと新たなスタートラインが見えた気がする。
そんな今日この頃です。





ハウスクリーニングは東京のワンライフサービスへ!












 

仕事のプライド

DSC_0170

本日は練馬区で空室クリーニング。
練馬は練馬でも西東京に近いエリアでした。

今月はどうかな~なんて思いながら順調な日々を送らせて頂きました。
明日から10月ですが、半分以上埋まっております。




話は逸れますが、夢や目標について。
やりたい事について。

大きな倉庫が欲しい。
素敵な事務所が欲しい。

気持ちが満たされる程、仕事が欲しい。
お金も欲しい(笑)

人として欲は限がありません。
でも、何が一番したいか?

今でも悩んで困って、どうしよう?
なんて思いながら、今までの経験と知識を全力でぶつけてみる。

するといつか、薄っすらと光が見える。
次の段階の光。

開業して8年目。
人の目を気にしていた時期もあった。

でもそんな事はどうでも良いんです。
そう思えるようになってきました。

こんな事やってるの?あんな仕事してるの?
なんて人の目を気にした変に高いプライドは必要ない。

ただ、自分に嘘をつかないプロフェッショナルな気持ち。チャレンジする気持ち。
このプライドは持ち続けたい。

余計なプライドに縛られて止まっているより、そんな物は捨てて前に進んだ方が
人は強くなれる。と思います☆





ハウスクリーニングは東京のワンライフサービスへ!






卒業

昨日、息子が中学校を卒業しました。

今月始めには、長女が高校を卒業。

子供の成長を夢見て、一生懸命頑張ってきた。

でも成長して巣立つ姿を見ると、寂しい(^^)

苦しくても大変でも、子供が学生の間が一番充実した時を過ごしているだろう。

数十年後は「あの時が大変だったけど幸せだったかな~」 なんて語ってそうだ。

息子は高校に入って、バスケ部に入るらしいが、これからが本当の青春。

3年間、沢山勉強して、思いっきり エンジョイして欲しい。



タイムスリップ

子供の頃、洋食に憧れてお小遣いを貯めて、こっそり通ってた近所の洋食屋さん。
中学生~高校生と部活に明け暮れて、行く時間も無くなり、そのまま大人へ。

毎日通る道にあってもスルー。
古ぼけたお店に、いつしか入る気もうせていた。

そんな今日、近くに歩いて行ける食事処を脳裏で探していた。
あ、そうだ。

たまには行ってみるかな。あそこへ。
実に30数年ぶり。

お客さんは職人さん達で、ちょい混み。
注文はチキンカツカレー。

DCIM8179 (2)

ボリュームたっぷり♪
そして味の方は・・・

今でも健在!
昔を思い出す懐かしい味だ~。

大人になっても美味しいのが分る。
30年以上も通わなかったのが少し後悔。

子供の頃の想い出の場所が、どんどん無くなって行く我が家の近所。
まだこんな美味しいお店が残っていたのが、何より嬉しい。





ハウスクリーニングは東京のワンライフサービスへ!





 

また一つ…

最近、タイムスケジュールがタイトで神経がピリピリしてます。
時間に余裕が無いと、気持ちにもゆとりが無くなり良い結果が出ない時があります。
 
しかしながら仕事はお陰様で忙しい毎日を送らせてもらい、充実しております。
夜もクタクタで夜中にワールドカップを見る体力など残っておりません



話は逸れますが、近所にある銭湯。
残念ながら解体されてました。

DCIM7444

多分、リニューアルは無いでしょう。
現在でも年に数回通ってたけど、お客さんほとんどいなかったし・・・

昔は家にお風呂が無くてですね~、物心付いた時から通っていた銭湯だったんです。
その頃は人も結構いましたね。

46℃の超江戸っ子風呂。
熱過ぎて水を足すとオヤジどもに「ぬるくなるから水入れるな!」と怒られたっけ。

親父と行った時には必ずと言って良い程、風呂上りにジュースを飲ませてくれた。
明治のパイゲンCが好きでしてね~。

昔から住み慣れた町が徐々に変わっていく。
大好きだったもの、懐かしいもの、一つずつ消えていく。

無くなってしまうと、幼い時の思い出が蘇ってくる。
な~んか・・・寂しいですよ。

限りなく可能背の低いリニューアルを期待したいけど・・・
今はただただ、「お世話になりました」と言いたい。





ハウスクリーニングは東京のワンライフサービスへ!





 
会社概要
ワンライフサービス
ONELIFE SERVICE

<清掃業・防犯事業>

環境対応型ハウスクリーニング
店舗・オフィスクリーニング
エアコンクリーニング
その他清掃全般
原状回復工事
ガラスフィルム施工
シリンダー交換

出張エリア:東京23区、千葉・埼玉の一部地域
(上記以外の地域も要相談)


TEL 03-5672-3869

E-mail info@onelife-service.com

定休日:不定休
お知らせ
ご予約キャンペーン実施中!
記事検索
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ