昨日の午前、仕事中に一本の電話が鳴った。
「代表の小山さんでしょうか?」と電話口。

「はい」と応えると、実に馴れ馴れしい。
あたかも「以前、仲良く話し合ったじゃないですか!」みたいな口調だ。 

案の定、「以前、お電話差し上げて検討して頂いてる」なんて有もしないウソを着いてくる。
こう言えば(そうだったっけ?)とこちらが考えて、ついつい話に乗ってしまうような手口。

恐らく営業の中で自分達で考えて「この突っ込みはイケル!」なんて思っているのだろうか?
随分程度の低い発想だ。

この様な手口は、最近の営業電話の流行語みたいなもの。
一昔前にもこんな手口はありましたけどね。

まず、私はこの手の営業は一切断っている。
「忙しいから後で」とか、「検討します」なんて口が裂けても言わない。

今回もきっぱり断った。
しかし「1分だけ宜しいですか?」と営業マン。

それでも理由を説明しきっぱり断った。
今度はヘラヘラ笑ながら「1分だけ宜しいですか?」と来た。 

はあ?(゚皿゚メ)  もう営業じゃないね。
強い口調で断ると、またヘラヘラ笑ってガチャ切り。

なんとも腹正しい
本当はここに電話番号と会社名を記載したいくらい。

自分達で会社名を名乗っている。
本社の代表番号じゃなくても会社名、所在地は調べれば分る。

営業している会社の方針に疑問を持ちます。
迷惑です、やめて欲しいと伝えてもしつこく掛けてくる営業電話。

嫌だといっても掛けて来るのは嫌がらせです。
本気で営業したければ、もうちょっと考えようよ。

グーグル正規代理店だのヤフー正規代理店だのハウスクリーニング比較サイトだの・・
ウチは不要ですから。





ハウスクリーニングは東京のワンライフサービスへ!